OB・OGの声

株式会社トラストシステム

大竹 晴也 さん

コンピュータ高度技術科 2017年卒業

大竹 晴也 さん

学生時代に培った知識、友人たちとの交流が、仕事に取り組む上での大切な土台になっています。

私は現在、情報システム構築に関わる業務全般、情報システムの性能改善・環境改善作業を行う企業のシステム開発本部でソフトウエア開発に従事しています。

この仕事の一番の魅力は達成感です。問題に直面した際に色々な手法で解決するといった個人的なものから、大きなプロジェクトの中でチームのメンバーと協力して大きな問題を解決するものなど色々とあります。成果物を確認し問題を解決できたときの達成感が魅力であり、やりがいにも繋がっています。

この職業を意識したのは初めてパソコンを触った時でした。この機械は中でどんな動きをしているのだろうと不思議に思いました。それから進路を決める際にこれからの社会で無くてはならない仕事だと考えこの分野に進むことを決めました。

駿台電子では、自分一人で悩むのではなく講師の方や友達に助けてもらいながら学習を進めて行きました。他の人と一緒に学ぶ事で自分とは別の解決方法や新たな知識を手に入れられました。新たな知識を手に入れるためには足がかりとなる知識が必要です。そのために、まずはしっかりとした知識の土台を作ることが大事だと思います。そこから気になる事を見つけ、調べてみることで成長できるはずです。

現在の目標としては知識の幅をもっと広げていきたいと思います。広い知識を得ることで今持っている知識についてもより深い理解が出来るようになると思うので色々なことを学び、自分の力にしていきたいです。


鎌田 利晴 さん

大竹さんについて語る

株式会社トラストシステム
システム開発本部
ビジネスソリューション統括部
第1システム部 課長

鎌田 利晴 さん

現場で必要なスキルを持っていたので、他の新入社員と違って即戦力としての一面がありました。

今後は現場における技術のスキルとともにクライアントとのコミュニケーション力も必要になってきます。これから活躍の場を広げられるよう頑張って欲しいと思います。プログラマーは技術スキルの職種だと思われますが、様々な要望に応えるためには理解力や応用力、コミュニケーション力が大切です。

株式会社アザイ・コミュニケーションズ

浅古 康友 さん

デジタルクリエイター科 2017年卒業

浅古 康友 さん

デザインの基礎からその他様々なことを学びました。今は将来の夢に向け日々奮闘中です。

現在、私は小学生向けのプログラミング教室の運営業務をおこなっています。

2020年から小学校でプログラミング教育が始まりますが、どのような指導方法で教えていくべきか教育機関を含め私たちも最適の指導方法を模索している段階です。

運営業務では、教室の生徒集客を任されています。集客活動は、運営業務の中でも今後の運営方針に影響を及ぼす重要な業務です。結果次第で、これからの方向性が決まってしまいます。私は、将来アパレルショップを経営したいという夢を持っています。その夢をかなえるために運営業務からビジネスを学んでいます。

駿台電子在学時は、授業でIllustratorとPhotoshop、Fusion360を使ったデザインの基礎を主に学びました。また、mBotを使った授業もありました。mBotで学べることは、一見プログラミングだけに見えますが、拡張性がとてもあるのでオリジナルのロボットが作れることや、真っ直ぐ走らない場合はブレークインをしたり、デジタルとアナログの両方を学ぶことができます。

インターンの際には、HTMLコーディングや会社の打ち合わせに参加させていただいたり、たくさんの事を学びました。

今後は、将来の夢のためにも集客するために必要なこと、イベントを企画するために必要なことをさらに実践できるようにし、今よりもステップアップしていきたいと思います。


永田 晶子 さん

浅古さんについて語る

株式会社アザイ・コミュニケーションズ
イラストレーター・デザイナー

永田 晶子 さん

  1. 部下へのメッセージ

    年をとると、怒られたり、おかしなところを指摘されたり、間違いを注意されたりする機会がどんどん減ります。今のうちにたくさん注意されておきましょう。

  2. この分野を希望する方へのアドバイス

    未来ばかりを見ず、今を一生懸命過ごしましょう。未来は今の繋がりでしかないのですから。

株式会社アドービジネスコンサルタント

インフラエンジニア

片岡 結衣 さん

情報ビジネス科 2016年卒業

片岡 結衣 さん

幅広い学びに触れて、希望の進路を見つけました。

私はもともと、いろいろなことに興味があり、幅広く学べる情報ビジネス科を選びました。そして自ら希望して就いたのが、この職種。事務職ではなくエンジニアです。

今はまだ広く基礎を勉強中ですが、将来は何か一つ、エンジニアとして専門分野を持てたらと思っています。

みなさんも、今できることだけにとらわれず、自分の殻を破り、新たなことに挑戦してみてはいかがでしょう。視野を広げれば、可能性も広がります。駿台は、そのための基礎力をしっかり身につけられる学校です。


小菅 正和 さん

片岡さんについて語る

株式会社アドービジネスコンサルタント
ICTサービス事業部 主任

小菅 正和 さん

ExcelやWordで設計書や手順書を作成する際には、とても頼りになります。専門技術や知識はイチからですが、常に周りから吸収して理解しようという姿勢が伺えます。

社会に出て最も必要となる力を、駿台ではしっかり教育してくれていると感じます。