デジタルクリエイター科

ホンモノの「デザイン力」を学ぶ!

デザイン業界で活躍する現役のクリエイターが
ていねいに教えてくれる

デジタルクリエイター科

2年制

デジタルクリエイター科とは

1年次からクリエイターに必要な基礎力を身につけます。卒業までの2年間で『グラフィック』『WEB』『ものつくり』といった様々な分野から本物のクリエイティブ力を育て、プロとして実践力の高いクリエイターを育てます。

ソフトの習得だけではなく、デッサンやデザインに関する授業もあるので、クリエイターやアートディレクターになりたい人におすすめの学科です。

コースの特長

  • 1年次はデジタルクリエイターとしての基礎知識が学べる
  • 2年次はさらにWeb制作、グラフィックデザイン、ものづくりのスキルを高める
  • Adobeの最先端ソフトを学ぶことができる
  • 基本操作から学べるので初心者でも大丈夫
  • 講師はプロのクリエイター、デザイナー陣

習得できること

  • Illustrator・Photoshopなどのソフトを使いこなしデザイン作品が制作できる
  • Web開発で使われるWebデベロッパーの最新ソフトを使ってWebアプリケーションの作成方法を実践的に学ぶことができる
  • ビジネスで利用される注目のソソフトの習得

カリキュラム

1年
科目名(必須科目) 前期 後期 授業内容
コンピュータ入門   コンピュータの基本的操作を学び、かつWindowsやネットワークの基礎的な操作を学びます。
デザイン実習 WEB、DTP、エディトリアルなど様々なデザイン作業に必要な基本的なデザイン技術を身につけます。
Ilustrator・PhotoshopⅠ・Ⅱ CGやDTPなどでよく使われるIllustrator・Photoshopのツールを使ってイラスト編集や画像処理などによる素材作成を学びます。
デッサン モノを作る上で基礎となるデッサン力を身につけます。モノを見る力、モノを考える力、モノを理解する力を養います。
基礎造形(写真・動画・構成・平面) 私たちの生活する身の回りには、動物や植物など自然によって構成されたものと、人間の手によって構成されたものがあります。それらを平面や立体に置き換える事によって、デザインされる形の本質に迫ります。
応用ソフトⅠ・Ⅱ Excel・Accessの操作を学びます。Excelの関数・図形・グラフ、Accessのテーブル・クエリ・レポート・SQLなど基礎知識や操作を習得し、MOSの資格取得を目指します。
HTMLコーディングⅠ・Ⅱ HTML5、CSSなどWebデザイナー・コーダーが必要とするスキルの習得。Web制作会社などでまず必要となる技術を学びます。複数人で制作を行う場合は、Dreamweaverソフトでの連携も必須なのでマスターします。
デザイン論Ⅰ・Ⅱ 現在様々な分野の中で多く使われている「デザイン」。デザインが持っている本当の意味はなにか? これから私たちの生活の中でどの様にデザインが必要とされていくのかを考えていきます。
ビジネスリテラシーⅠ・Ⅱ ビジネスの基礎スキルである、人前で話す、言葉で表現する、ビジネス文書を書く、ディベートをするなどのスキルとマナーを学びSPIなどの就職試験対策を行います。
英会話Ⅰ・Ⅱ 国際化社会に対応できるように、外国人講師から英会話のレッスンを受けます。コンピュータと同じく英語も企業では必要なスキルとなっています。
2年
科目名(必須科目) 前期 後期 授業内容
CGアプリ   最新のコンピュータ技術と三次元のモノとの関係性を学びます。
修了制作   2年間の集大成としてCGソフトを駆使した作品を制作します。企画やデザインなど実践的な体験を通して即戦力を養います。
関連法規Ⅰ・Ⅱ 様々なビジネスで共通して必要な情報を扱う上で知らなければならない、著作権法や個人情報保護法などを学びます。
就職教養Ⅰ・Ⅱ 就職に向けた心構え、就職活動の要領など初めての就職試験、就職活動を行なう上で必要な知識を学びます。自己PR文や面接のロールプレイなど実践的な知識を身につけます。また、ディスカッション、レポート作成など就職活動に役立つ学習を行います。
英会話Ⅲ・Ⅳ 国際化社会に対応できるように、外国人講師から英会話のレッスンを受けます。コンピュータと同じく英語も企業では必要なスキルとなっています。
情報デザイン概論 WEBデザイナー検定に必要なセオリーを学びます。
WebデザインⅠ・Ⅱ Web開発で使われるWebデベロッパーの最新ソフトを使ってWebアプリケーションの作成方法を学びます。ビジネスで利用される注目のソフトです。
広告論とマーケティング 広告が持つ意味、デザイン媒体が広告としてどの様な役割を果たすか、また、デザインやWebでのマーケーティング手法について学びます。
DTPデザイン概論 レタリングやタイポグラフィなど、平面上でオブジェクトを扱う上で必要なスキルを身につけます。
印刷概論・技術 印刷までに必要なデータ処理方法や、印刷技術を学びます。

技術動向の変動、新しい技術の登場など、その時々の変遷に併せてカリキュラム内容は変更される場合があります。

実習時間比率

実習時間比率
時間割例(1年後期)
 
9:20~10:50 Illustrator・Photoshop Ⅱ デザイン実習 Illustrator・Photoshop Ⅱ デザイン論 デッサン
11:05~12:35 Illustrator・Photoshop Ⅱ デザイン実習 Illustrator・Photoshop Ⅱ 基礎造形 デッサン
13:25~14:55 ビジネスリテラシーⅡ 応用ソフトⅡ     英会話Ⅱ
15:10~16:40 HTMLコーディングⅡ 応用ソフトⅡ      
基礎造形
実際に描くことをメインにして、DTPやWebなどのデザインを学べます。楽しみにしている授業の一つです。
デッサン
デジタルの要素だけでなく、静物や人物をデッサンすることで、見る力も養われます。感性をみがく大切な授業です。
Illustrator・Photoshop Ⅱ
最新の技術を学べるということで、入学前から楽しみにしていた授業です。先生は現役のプロ。教科書に書いていないことも教えてもらえます。

資格取得について

デジタルクリエイター科 取得目標資格

Adobe Certified Associate
(ACA:アドビ認定アソシエイト)

世界各国のデジタルコンテンツ制作現場で利用されているアドビシステムズ社のソフトウェア製品。この製品を使いこなすスキルを証明するための資格認定制度。

Webデザイナー検定

CG-ARTS協会が主催するWeb制作に関する検定試験。Webサイトの企画・制作・デザイン・運用など専門知識の理解と応用力を測る試験。

CGクリエイター検定

CG-ARTS協会が主催するデザイナー、クリエイターに不可欠なCG制作の手法やワークフローとそれぞれの表現に必要となる多種多様な知識を測定するための検定。

マルチメディア検定

CG-ARTS協会が主催するコンピュータやインターネットを活用し、デジタル情報でコミュニケーションするうえで必要な知識と技能を評価する検定。

色彩検定

公益社団法人色彩検定協会が実施する色に関する幅広い知識や技能を問う検定試験。ファッション、インテリア、グラフィックなどのデザイナーから、一般社会人まで幅広く受験している試験。

カラーコーディネート検定

東京商工会議所が実施する仕事に役立つ実践的な色彩の知識を学ぶことができる検定試験。色の性質・特性など、色彩の知識を身につけることで、色の持つ効果をビジネスシーンに活かせる試験。

オラクルマスター

世界シェア1位を誇るデータベースソフトウェアベンダーのオラクルが、オラクル製品に関する技術者を認定する制度。

情報検定(J検)

業界業種に関係なく、コンピュータを扱う基本的なスキルを身に付けていることを証明する資格。(国家試験)