SEプログラマ科 AIコース

2019年4月 開設

未来に続く技術がココにある!

AIエンジニアに必要とされる基本知識・技術を習得を目指す

AIコース

2年制

AI

AIプログラミングを体験

認識プログラムを使ってキャラクターを動かしたり、Webカメラから入力された動画像から、人の顔を自動的に追跡し、画像加工できるAIプログラミングを体験します。

参加回によって実施内容は異なります。


  • 1020日(日) 13:30~15:00
  • 1117日(日) 10:30~12:00

SEプログラマ科 AIコースとは

深層学習(Deep Learning)を中心とした人工知能(AI)技術を活用したプロダクトの開発についての学習を行います。本校では、設計から製造(プログラミング)・テストまでを一貫して学習できる環境を整えておりますので、AIエンジニアに必要とされる基本知識・技術を修得できます。

コースの特長

  • AIコースで必要となるプログラミングを基礎から学べるので初心者でも安心
  • 最新の技術、情報が身につく実践的なカリキュラムを導入
  • 技術的なスキルの向上とビジネス的なコミュニケーション能力の向上を目指す

習得できること

  • AIの仕組みを理解してワトソン等の学習システムの活用、アルゴリズムの習得
  • AIの知見を基にビジネスに必要なコミュニケーション能力の習得
  • AIとエンジニアリングの橋渡しができる人材

人工知能研究のスペシャリスト

松原 仁 名誉顧問 プロデュース

AIの基礎を学んで
ぜひ世の中を
変えていきましょう。

人工知能研究のスペシャリスト 松原 仁 名誉顧問 プロデュース

AIコース独自の学習

Deep Learning
  • AIの組み込み(設計・製造・試験)
  • Google社等のAPIを使ったプロダクトの開発
  • 動画解析による顔認識システムの開発
  • スマートフォン向けARアプリの開発
  • Python等の学習
  • 深層学習フレームワークの利⽤経験
  • 深層学習のモデル実装経験
  • ⾼い論理的思考⼒
  • 数学的な深い知識(線形代数・統計/確率・微積分)

AIエンジニアとは?

深層学習(Deep Learning)を中心とした人工知能(AI)技術を活用したプロダクトの開発がおこなえる技術者です。

ディープラーニング Ⅰ~Ⅱ

ディープラーニング(深層学習)とは、人間が自然に行うタスクをコンピュータに学習させる機械学習の手法のひとつです。

ディープラーニングに関する知識を習得し、事業活用する人材(ジェネラリスト)になりうる学習をおこないます。

AIプログラミング Ⅰ~Ⅱ
AIプログラミング応用 Ⅰ~Ⅱ

機械学習やDeep LearningなどのAI(人工知能)分野のプログラミングで、現在最もよく使われる言語がPython(パイソン)です!

 Pythonで実装された様々なAI関係のライブラリを使うことで、手軽にAIに触れることができます。

そのPythonプログラミングを学習します。

直結する資格試験

  • ディープラーニング検定 for GENERAL
  • Python3 エンジニア認定基礎試験
AIイメージ

カリキュラム

1年
  Computer Technology Date Analysis Business
前期 コンピュータ入門 AIプログラミングⅠ ビックデータ分析Ⅰ AIライブラリー活用Ⅰ
ネットワークⅠ ディープラーニング   経営学Ⅰ
Linux Ⅰ AIプロダクト開発技法Ⅰ   英会話Ⅰ
データベースオラクルⅠ プログラミングⅠ    
  アルゴリズムⅠ    
後期 ネットワークⅡ AIプログラミングⅡ ビックデータ分析Ⅱ AIライブラリー活用Ⅱ
Linux Ⅱ ディープラーニングⅡ   経営学Ⅱ
データベースⅡ AIプロダクト開発技法Ⅱ   英会話Ⅱ
  プログラミングⅡ    
  アルゴリズムⅡ    
2年
  Computer Technology Date Analysis Business
前期 ネットワークⅢ AIプログラミング応用Ⅰ   AIライブラリー活用Ⅲ
Linux Ⅲ AIプロダクト開発技法Ⅲ   就職教養Ⅰ
データベースオラクルⅢ      
セキュリティⅠ      
後期 ネットワークⅣ AIプログラミング応用Ⅱ   AIライブラリー活用Ⅳ
Linux Ⅳ AIプロダクト開発技法Ⅳ   就職教養Ⅱ
データベースオラクルⅣ      
セキュリティⅡ      

実習時間比率

実習時間比率
時間割例(1年後期)
 
9:20~10:50 AIプログラミング   経営学 プログラミングⅡ ネットワークⅡ
11:05~12:35 ビックデータ分析Ⅱ アルゴリズムⅡ AIライブラリー活用Ⅱ プログラミングⅡ ネットワークⅡ
13:25~14:55   AIプロダクト開発技法Ⅱ データベースオラクルⅡ ディープラーニングⅡ Linux Ⅱ
15:10~16:40   プログラミングⅡ     英会話Ⅱ
AIプログラミング
AIの開発で利用するプログラミング言語Python(パイソン)を学びます。
AIプロダクト開発技法
AIで利用する画像・音声認識の開発を学びます。
AIライブラリ活用
プログラミング言語で様々なAI機能を利用するための便利なライブラリ(プログラミング言語用部品集)の使い方を学びます。
ディープラーニング
ニューラルネットワークの構造を理解して、実際にトレーニングデータを収集し、学習させて判断させる方法を学んでいきます。

資格取得について

SEプログラマ科 取得目標資格

ディープラーニング検定
for GENERAL

ディープラーニングに関する知識を有し、事業に活かすための人材(ジェネラリスト)の育成を目指した新たな資格試験

基本情報技術者

情報工学に関連するエンジニアの実務においてベースとなり、プログラマを対象とした情報処理技術者試験制度。(国家試験)

Javaプログラミング能力認定試験

プログラム言語であるJavaのプログラミング能力試験です。対象は初級から上級のプログラマやシステムエンジニアであり、幅広いスキルが測定できる。

オラクル認定Java資格

プログラミング言語「Java」の基本的な技術から実践的な開発・設計など「Java」の幅広い知識を問われる能力を認定する資格。

Python 3 エンジニア
認定基礎試験

一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会が実施している、Pythonの文法や基礎知識を問う資格試験

オラクルマスター

世界シェア1位を誇るデータベースソフトウェアベンダーのオラクルが、オラクル製品に関する技術者を認定する制度。

Linux技術者認定試験

Linux技術者としての技術力を認定するIT資格です。公正なLinuxスキルの判断基準として国際的に認められており、180か国以上の技術者が受験しています。

情報検定(J検)

業界業種に関係なく、コンピュータを扱う基本的なスキルを身に付けていることを証明する資格。